生野菜を無理なく美味しく食べられるローフード

生野菜を無理なく美味しく食べられるローフード

近頃では、有機農法を使ったり、無農薬で野菜を育てたりする農家の方が増えてきました。

 

以前であれば、高価だった無農薬野菜も、スーパーで気軽に買えるようになってきました。さらに、ハーブや外国産の野菜類等も手軽に買えるようになりました。現在は、野菜を食べるにあたって、とても栄養を摂りやすい環境が出来ていると言えます。しかし、栄養価の高い野菜でも、上手に工夫をしないと、十分な栄養を体に吸収する事が難しくなります。特に、大事なのが酵素と言われる物質です。

 

酵素は、食べ物を消化して吸収する時や、排泄する際に活躍してくれます。さらに、老化を防ぐ作用もあると言われています。こうした酵素は、もともと野菜の中に備わっているのですが、熱によって失われやすい弱点があります。また、人間の体の中で造られる酵素も限界数があるため、自力で増やすという事も難しいのです。サプリメントで酵素を取り扱っている物もありますが、高価な商品が多いため、継続しようとすると経費がかかります。

 

そこで、注目したいのが野菜から酵素を摂るという方法です。先ほど、野菜の中にある酵素は、熱によって失われやすいと述べました。しかし、ほとんど熱を加えなければ、貴重な酵素をそのまま体に取り込めるのです。生野菜を使った料理だと、サラダ以外に調理法が無いような気がします。しかし、最近では、生野菜を美味しく食べるためのローフードという調理のジャンルが確立されています。こちらの方法で調理すると、生野菜を無理なく美味しく食べられます。

 

スプラウトをお米の代わりに使った海苔巻や、生の南瓜を使ってお菓子を作ったりと、色なバリエーションがあります。インターネットで検索すれば、すぐに使えるレシピを探せます。また、好きな生野菜でスムージーを作る事もお勧めです。この方法であれば、大量の生野菜を使っても、飲みやすいドリンク状態になります。食べるのは苦手という方でも、ストレス無く生野菜での食生活を続ける事が可能です。